Aeolus PRO 3 はバランスの良いオールランドホイール!

Aeolus Comp 5 に続き、Aeolus PRO 3 (ミドルハイト)について田子が書いてみます。


Aeolus PRO シリーズは
Aeolus PRO 3 リムハイト 30mm ( 1,506g )
Aeolus PRO 5 リムハイト 50mm ( 1,605g )
の2モデルがあります。

リムハイトが高いとカッコよく見えたりもしますが、横風の影響の受けにくさや乗り心地の部分では PRO 3 でしょう!

リムハイトが高くなればなるほどに、突き上げ感は強く感じる様になります。
そして、Aeolus Comp でも書きましたが、スポークの長さは足の疲れ方にも影響しますので、どんな使い方をしたいのかによって 3 にするか 5 にするかが変わるでしょう。

田子は平地が中心、と言うか山は嫌いなので必然的にディープホイールが好きだったりします。
手持ちもディープホイールしかないので、風が強くても選択肢はディープホイールのみ!
風の強い日は突然の横風にも常に意識して走るので精神的にも肉体的にも…
気象条件によってはライドの中盤からはヘロヘロなので、毎回良い思い出が作れます♪

以前はローハイトかディープの選択肢しかありませんでしたので、30mm ハイトが登場した時は中途半端な感じもありましたが、使い勝手の良さでミドルハイトを選ぶ方は多くなりました!
平地での巡行性能は PRO 5 の方が良いですが、平地から山まで1日中走るなら 30mm ハイトが楽チンだと思います。
平地巡行速度でも 10km/h も差がある訳もないので、楽しく 1 日を過ごせるホイールを選ぶのも 1 つだと思います。

3 と 5 だと重量約 100g の差ですが、踏み出しの軽さや加速感は重量差以上の軽さを感じられるミドルハイトの方に分があります。
僕の通勤路でですが、カーボンリムのディープとローハイトを使い比べてみると、特に路面の荒れている区間ではローハイトの方が巡航速度が高く、街中で使うにはミドルハイトの方が確実に速いです。
巡行速度の高さは確実にディープホイールですが、0発進からの加速と巡航速度までの到達時間の早さ、荒れた路面で跳ねずに進むので平均速度は早くなりました。

Aeolus PRO 3 の使い勝手の良さや快適性の向上などライドが楽しく楽になる要素が非常に多いので、選択肢の1つに入れてみてはどうでしょうか?
横風の影響が少ないので初心者から上級者まで使い勝手の良いホイールに仕上がっています。

ディスクブレーキモデルに押されつつあるリムブレーキモデルですが、リムブレーキモデルは成熟して性能や品質面でも高いレベルでバランスが取れているので安心して選んでもらって良いと思います。