Bikefit講習会

こんにちは。 野々山です。
2/15(水)にBikefitの講習会に行ってきました。

そもそも皆さん「Bikefit」はご存知ですか?
当店では割と当たり前のように紹介していますが、
大多数の方が知らないと思います。

※Bikefitについて詳しく知りたい方は↓のリンクをご覧下さい。
BikeFit Systems社について

数あるフィッティングの中で、
初めて足底部まで目を向けたフィッティング技術になります。

当然、足底部のみならず
(もも)(ひざ)脹脛(ふくらはぎ)(かた)(くび)などにも目を向けた総合フィッティング技術となります。

今回は、再受講という事で今までの知識のおさらい。
また新しいフィッティング技術&理論のお勉強という事でした。

あまり講習会の内容を詳しく語る事が出来ないのですが、
今回の新しい勉強の部分として、
模型図を使って、体の動きについてもサラッと勉強しました。

↑の写真は右膝の構造を模型にしたものですが、


外側と内側の腱の太さの違いが分かりますかね?
膝には、内側には太く強い腱がいるのですが、
反対に外側は細く弱い腱がいます。

自転車に乗っていて、膝が痛くなる際
膝の外側が痛くなる事が多いのはこの為です。

これを痛くならないようにする為に
フィッティングが必要なんですね~。

また、現在のペダリング理論についても知りました。
線で分かる通り、
現在では踏み足に重きを置くようになってきています。

ちょっと前はハムストリングスを有効活用しようという
理論でしたが変わりましたね~。

こうした、考え方の移り変わりを知る上でも
こうした講習は必要なんです。

最後に僕のフィッティング数値を載せちゃいました~。

なかなか第三者にやってもらう事がないので純粋に嬉しいです。
結果を見ると、
サドル高・サドル前後・Qファクターが変更されました。
それに伴いハンドル高やクランク長まで問題になるとは・・・。
フィッティングされている最中、
「クランク長は160mmが良いと思うよ~」
とか言われたり・・・。(^^;

世の中にそんな短いのがあるのか???
と思い調べたら、あるんですね~(^^;
「La・Crank」という商品です。

今回は、本当に勉強になりました~。
クランク長も調べられるようになりましたし、
もっと深い内容がご提供できます。

Bikefitに関しては、姉妹店の駒沢公園店でも提供しています。
フィッティングに困ったら、僕達にご相談下さい。

本日のブログ担当:野々山
nonoyama
お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

トピーク携帯スタンド

ローロバイシクルズ東日本橋店の髙田です。

以前もご紹介はあったとは思いますが…

改めてTOPEAKの携帯スタンドのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

パッケージを開けると…

 

 

 

 

 

 

自立して立つことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロスバイクのクランクに挿すとこんな感じに…

 

 

 

 

 

 

 

 

※クランクの幅によりつけられるつけられないがございます。

ご購入の際にはスタッフにお申し付けくださ~い。

快適なバイクは、快適なハンドルから~♪

 

多くの方が通勤や街乗りで使用されているクロスバイクやマウンテンバイク。

もっと快適に乗れるようにしてみませんか?

一般的なクロスバイクやマウンテンバイク、ロードバイクのフラットバー化におすすめのカスタマイズの紹介です。


Bontrager Satellite Plus IsoZone & inForm Satellite MTB Handlebar System  ¥7,900(税込)

TREKの人気ロングセラーモデル、FXシリーズに純正で装着されているハンドルバーです。

このハンドルバーが実に良い!

普通のハンドルに普通のグリップが着いているだけのように見えますが…そこにはちょっとした秘密?が(^^♪

グリップを外してみると秘密が明らかに!

↓↓↓

ハンドルバー自体に切り込みが入っていて、溝にはクッション性の高いエラストマーが埋め込まれています。

グリップ本体もかなりソフトな仕様となっているため、衝撃をしっかりカット!

結果、通常のハンドルバーをこのハンドルバーセットに交換するだけで、上半身の疲労軽減に繋がり快適性アップ(`・ω・´)

2017年からのNEWモデル ZECTORシリーズに取り付けたりしてみても面白そうです!


私もロードバイクのフラットバー化を行う際などにはチョイスするであろうIso Zoneハンドルバー。

グリップとセットで¥7,900(税込)という良心的な価格は手頃にカスタマイズし易く嬉しいですね。

カスタマイズキャンペーンも開催中です。是非この機会にハンドル交換してみては?

カスタマイズキャンペーン

本日のブログ担当:小峰

Dura-Aceカスタマイズ ~ハンドル内臓型ジャンクション~

どこを調べても情報がないEW-RS910について
今回は付け方を含めて載せます~。

このEW-RS910を取り付ける為のルールが1つだけあります。
それはハンドルにケーブルを通す穴が開いている事です。

この穴が開いていないと、
どうやってもケーブルを通す事が出来ません。
アルミハンドルなんかは、ドリルで穴を増設するなどが出来ると
思いますが、あくまで自己責任でお願いします~。

STI(デュアルコントールレバー)をハンドルに取り付けます。

両方とも取り付けてしまって作業!
というのでも良いとは思いますが、ケーブルを通す際に
レバーが邪魔になるのが嫌だったので
僕は右手側だけにしました。

そして、ここからが執念です!
先程の穴からケーブルを通します。

イメージはこんな感じです。
◆黄色〇からケーブルが通る
◆ハンドル内部を赤線に沿って通る
◆反対の黄色〇からケーブルが出る
という感じです。

ケーブルの長さはハンドル幅(芯-芯)+300mm見とけば
間違いないはずです。
ハンドルの中がどうなっているか、分かりませんからね(苦笑)
こちらのお客様は、400+250=650mmで行きました。

STI同士をケーブルで繋いだら、続いてはジャンクションAの
EW-RS910とSTIを繋ぐケーブルを通します。
※汚い線なのは許してください。。。

簡単に言うと赤い線の通りにケーブルを通します。
メジャーで測れば計測できますが、ハンドルエンドから50mm
は出ていた方が作業的にやりやすいですね。

今回はお客様は
◆ハンドルリーチ:93mm
◆ハンドルドロップ:123mm
でしたので450mmを選択しました。

ケーブルを通すとこんな感じになります。

続いてジャンクションAとジャンクションBを繋ぐ
ケーブルを通します。

黄色の〇からそのケーブルを通します。
これは結構長い方が良いですね。
今回は、EW-WU111というワイヤレスユニットも繋ぎました。

その結果こうなりました。
◆EW-WU111とジャンクションB=150mm
◆EW-RS910とEW-WU111=1000mm

ケーブルを通したらEW-RS910と繋ぎます。
同梱されているゴム製の三穴をケーブルに通してから
EW-RS910に繋ぎます。

このゴム製のモノが、EW-RS910がハンドル内に入り込んで
しまうのを止めるためのストッパー的な役目をします。

こんな感じで押し込みます。
どうしてもストッパーがある関係で、奥まで入りにくいです。
EW-RS910を左右にねじ込みながら入れると綺麗に収まります。

またまた同梱されている両面テープをハンドル上面に貼ります。
僕は固定力を考えて上下に貼りました。

このEW-RS910がハンドルエンドから飛び出るのを抑えるため
このカバーを取り付けます。

カバーは分割されていて、
一つは↑の写真のように溝が掘ってあります。

もう一つには、突起が出ています。
指が汚いのは無視して下さいね(笑)

先程の溝にこの突起がハマる事で、
カバーがズレるのを防ぐようになっています。

こんな感じで固定されてます。
これでほぼ完了!

ついでにSTIの写真も撮りました。
秘密のスイッチも付いていますし、
マイナスドライバーでブレーキレバーの
調整が出来るようになっています。

長々となりました。
これにて取り付け方法は終わりになります。

ケーブルを通す際は、
いらないワイヤーなどを利用すると簡単に通せますよ~

本日のブログ担当:野々山
nonoyama
お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

Dura-Ace 9150カスタム

こんにちは。 野々山です。
新型Dura-Aceの電動コンポーネント「9150」が先日入荷しました。
この入荷した商品を昨日、お客様のEmondaへ装着させました~。

自転車はEmonda SLRです。
バッテリー(BT-DN110)とワイヤレスユニット(EW-WU111)は
フレームに内臓しました。

デュアルコントロールレバー(ST-9150)は思っていた以上に
コンパクトになりましたね。
人によっては、ステムが伸ばせるようになるかもしれません。
しかも、レバーの距離を変更する為のネジもちゃんと付いていました。

クランクの黒光りがカッコいいです(^^♪
クランクアームが太くなったことによる弊害としては、
クランクマグネットを取り付けると千切れるという事でしょうか?
こちらのお客様はペダルにマグネットを取り付けて問題解決!

リアディレイラー(RD-9150)のシンクロシフトですが、
調整できる部分が多く、使って調整といったところでしょうか?
都度、店舗に持って行かなくても大丈夫になったことは嬉しいですね。

あとは、GARMINとの連動をさせる事によって
バッテリー残量などが目に見えます。
この調整も後日行います~。

本日のブログ担当:野々山
nonoyama
お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

DT Swissハブ…憧れませんか?

“DT Swissのハブ”

それは誰もが一度は憧れるであろうパーツの一つだと思います。

自転車のホイールはリム、ハブ、スポークの大凡3つのパーツで構成されています。

中でもハブは回転の軸となるパーツとなっているため、ここを妥協してしまってはホイールの旨み半減といった形でしょうか?(そんな気がします。)

DT Swissのハブと言えばスターラチェットと呼ばれるラチェット機構が特徴的ですね。

フリーボディ内部に入っているラチェットの構造を指すのですが、この機構が実に素晴らしい。

メンテナンス性の良さやトラブルの少なさ、また、容易に歯数の変更が可能なので走る場所やバイクに合わせて交換が可能です。

そんなDT Swissのハブですが、皆様ご存知ですか?

BONTRAGERのホイールに搭載されていることを!

こちらのホイールはAeolus XXXです。

現行のAeolusシリーズにはカーボンボディの軽量仕様のハブが使われています。

軽量アルミホイールのParadigm EliteにもDTハブが使用されていますが、そちらはアルミボディの仕様となっています。(DT 240クラス)

キャップを抜くと「ぽかっ!」と簡単に分解が可能です。

このギザギザしたラチェットがスターラチェットです。

このギザギザの数が多いほどペダルを回した時の掛かりが良くなり、トルクが掛けやすくなります。

逆に少ない歯数では、ペダルの回転を止めた際の抵抗が少なく、減速し辛くなります。

18T→36T→54Tというラインナップになっています。

私は29erのMTBで54TのDT Swissハブを使用していますが、坂道での掛かりの良さは気持ちの良いの一言、オフロードを走る際にも活躍してくれそうです。

現在スターラチェットを使用されている方は、歯数を変えてみたりして楽しむのも有りかと思います。

BONTRGERのスターラチェット仕様ホイールラインナップ

  • Aeolus シリーズ 318,000円(税込)~
  • Pradigm Elite 125,000円(税込)
  • Affinity Pro 143,000円(税込)
  • Kovee XXX 348,000円(税込)

今回写真を撮らせていただいたホイールはBONTRGERの軽量カーボンホイール Aeolus XXXです。

前後セット重量976gの超軽量ホイールです。

山登りに是非~(^^♪

試乗も可能ですので気軽にご相談下さい。

本日のブログ担当:小峰

初めての一台!このバイクで決まりでしょ!?(Emonda ALR4)

近年10~15万円程のエントリーロードバイクもかなり走れるバイクになってきました。

フレームのジオメトリーは上位モデルの車種と同じであったり、軽量なモデルであったりと。

中でもTREKの最軽量ラインであるEmondaのアルミフレームモデルであるEmonda ALR4は大変コストパフォーマンに長けた一台となっています。


Emonda ALR 4 149,000円(税込)

2017年モデルのカラーラインナップはブラックとマットレッドの2色で、どちらも高級感たっぷりです。

コンポーネントはティアグラで統一され操作性は抜群。

11速との互換が無いのですが、現行のティアグラの動作は105と同等かそれ以上。旧型のアルテグラよりかは遥かに操作性は上です。

勿論、フレームはEmonda ALRですのでメーカー公表970gの軽量アルミフレームです。

溶接跡もカーボンフレームと見間違うほどに綺麗な仕上げです。

E2ヘッドチューブ

 

シートチューブ

 

シートステー、チェーンステー

 

ALR4とそれ以上とではフロントフォークの仕様異なり、ALR4ではアルミコラムのカーボンフォークを使用しています。

フルカーボンフォークかそうでないかでは重量や乗り心地にも多少影響は出てくることはあります。

元々快適性も高いバイクではありますが、後にフルカーボンのフォークに交換するだけでも一気に化けそうです。


オールラウンドに活躍してくれること間違いなしのEmonda ALR4は山でもロングでもなんでも器用にこなせます。

アルミバイクとは思えないほどの快適性と軽量性。それを生み出している肉薄なアルミパイプは安心の生涯保証がサポート。

「薄いアルミは良く割れる」なんて言われていましたが、そんな時代はもう終わりです。

初めての一台にも、練習用のセカンドバイクにも大変オススメな一台です。

本日のブログ担当:小峰

店頭ではMTB試乗会も開催中です!普段乗る事が出来ないヤバいバイクが勢ぞろいです。皆様のご来店お待ちしております。

カスタマイズキャンペーン

2/1(水)より行っています【カスタマイズキャンペーン】ですが、
どんなキャンペーン?とお思いの方も多いかと思います。

このキャンペーンはパーツ1点でもカスタマイズをされる方に
交換工賃をOffするというモノです。

このキャンペーンの条件は1つ!
当店でパーツ
(※)をお買い上げ頂く事です。

※キャンペーン適用パーツについては以下をご確認下さい。
1.ハンドル
2.ステム
3.シートポスト
4.サドル
5.ホイール
6.ドライブトレイン(1点から可能)

実際に行ったカスタマイズ例を紹介させて頂きます!

【ホイール手組例】

~ 仕様アイテム ~
◆スポーク「SAPIM CX-RAY」
◆ハブ「Chris King R45 Road」
◆リム「Prime CC38」

【ヒョウ柄サドル】

~使用アイテム~
◆サドル「SAN MARCO ZONCOLAN(RINOLEATHER)」

他にも様々なカスタマイズを行っています。
紹介ブログはこちらをクリック

本日のブログ担当:野々山
nonoyama
お店のFACEBOOKはこちらをクリック!
facebook_color02_128x128-thumb-100x100.png

2016年モデル…まだあります!

限定1台ずつとはなってしまいますが、店頭にはまだTREKの2016年モデルがございます。

お探しの方はお早めに!


Emonda SL6 マットブラック 52サイズ

Emonda SL6 イエロー 50サイズ

どちらも500OCLVカーボンを使用したミドルグレードの車体です。

癖もなく、まさにオールラウンダーというこのバイクは味付け次第で遊び方色々です(^^♪

Emonda SL6  285,000円(税込) 


Madone 9.2 ブラック 52サイズ

言わずもがな、TREK究極のエアロバイクです。

Madone9に跨って風を切り裂いて走り抜けましょう!

Madone 9.2  487,500(税込)


どちらのバイクも今年モデルチェンジは無く、カラーの変更のみとなっております。

本日のブログ担当:小峰

走行会やります。

2月18日(土)に走行会を行います。

目的地:榎本牧場
距離:100㎞程
集合場所、時間:AM7:00 ローロバイシクルズ東日本橋店
持ち物:ヘルメット、グローブ、鍵、パンク修理道具
参加人数:10名
参加条件:ローロバイシクルズでTREKバイクをお求め頂いた方
※参加者の方は事前に誓約書の記入をお願い致します。
持ち物:ヘルメット、グローブ、鍵、パンク修理道具

◆申し込方法◆
①店頭でお声がけください。
②電話:03-6661-1382までお問い合わせください。
③メール:lb-nihonbashi@loro.co.jpまでお問い合わせください。
④当facebookページにて、お問い合わせください。
上記いずれかの方法でお申し込みください。

皆様のご参加お待ちしております。